源光庵

  • 所在地 ( ):京都市北区鷹峯北鷹峯町47
  • 開 基:徹翁 義亨(てっとう ぎこう)
  • 創建年:1346年

1694年の建立の本堂の天井板は伏見桃山城から移築したもので、1600年(慶長5年)に徳川家家臣鳥居元忠らが石田三成に破れ自刃したときの跡が残り、血天井と言われているそうです。その脇に丸窓と角窓がありそれぞれ「悟りの窓」、「迷いの窓」と呼ばれています。二つの窓を見ながらゆっくりと寛げるとても静かな所です。






「参道入口」




「参道」




「萩」




「彼岸花」




「悟りの窓」
(円型に「禅と円通」の心を表わしているそうです)




「迷いの窓」
(角型に人間の一生を象徴して「生老病死四苦八苦」を表わしているそうです)




「悟りの窓」 と 「迷いの窓」




京都写真集メニューに戻る