石山寺

  • 所在地 ( ):滋賀県大津市石山寺1-1-1
  • 開 基:良弁 (ろうべん、りょうべん)
  • 創建年:747年

東寺真言宗の寺。「源氏物語」の作者紫式部は石山寺参籠の折に
物語の着想を得たとする伝承がある。日本三塔の一つの多宝塔 (国宝)
があり、本堂は国の天然記念物の珪灰石の巨大な岩盤の上に建ち、
これが寺名の由来ともなっている。
紅葉の美しさに何度も足を止め見とれてしまいました。






「東大門」




「石山寺は珪灰石の巨大な岩盤の上に建立されている」




「石山寺珪灰石 - 国の天然記念物」




「清水寺と同じ懸造りの本堂 - 滋賀県最古の建築物と言われている」




「本堂から見た紅葉」




「本堂入口」




「境内の紅葉」- その1




「境内の紅葉」- その2




「境内の紅葉」- その3




「境内の紅葉」- その4




「国宝で日本三塔の一つに数えられる多宝塔」




京都写真集メニューに戻る